ブログ

Blog

GA4のカスタムイベント・スクロール率の計測のしかた

公開日:2024.02.09  /  最終更新日:2024.02.09

GA4のカスタムイベント スクロール率の計測のしかた
この記事をシェアする

「記事の表示回数だけではなく、どれくらい読まれたかを知りたい」
「ページの冒頭だけみて、すぐ離脱されていないだろうか?」
「縦に長いページだけど、半分まで見ているのは何%だろう?」

 

Webサイトを訪れたユーザーが、ページのどこまで見て離脱したかというデータは、コンテンツの価値を上げていく上で欠かせません。

Googleアナリティクス4(以下、GA4)ではスクロール率を計測することが可能です。

そこで本ページでは、カスタムイベント機能を使って任意のスクロール率を計測する方法を紹介します。

 

スクロール率の計測とは?

GA4ではユーザーのスクロール行動を計測でき、例えばそのページが特定の割合までスクロールされた回数を計測できます。

例えば、次の画像はあるページのスクロール率をGA4のレポートで表示しものです。

0%表示回数が15,575回に対し、20%までスクロールされたのが4,921回、40%までスクロールされた回数が2,734回といった具合です。

GA4カスタムイベントで計測できるスクロール状況

GA4でスクロール率を計測する方法:GTMの設定

GA4でスクロール率を計測するには、カスタムイベントの作成が必要です。

ここではGTMを用いて設定する方法を紹介します。

 

【手順1】GTM画面上でトリガーを設定する

GTMのトリガーを設定します。

ここでは、【すべてのページ】で【縦方向】に【20%刻み】のスクロール率を計測するものとします。

 

GTMトリガー設定画面

トリガー名:GA4【event】custom_scroll (任意の文字列でOK)
トリガーのタイプ:スクロール距離 (選択式)
縦方向スクロール距離 (選択式)
割合:0,20,40,60,80,100 (任意の数字を半角カンマで区切る)
トリガーの発生場所:すべてのページ (選択式)

【手順2】GTM画面上でトリガーを設定する

GTMのタグを設定します。

GTMタグ設定画面

タグ名:GA4【event】custom_scroll (任意の文字列でOK)
イベント名:custom_scroll (任意の文字列でOK)
イベントパラメーター:percent_custom_scroll(任意の文字列でOK) 
└パラメーターの値:{{Scroll Depth Threshold}} (選択式)
トリガーGA4【event】custom_scroll (前項で設定したトリガーを選択)

GTMで作成トリガーとタグを作成後、画面右上の「プレビュー」を選択して、該当ウェブページをスクロールした後、【手順4】でイベントがGAに送信されているかを確認します。

【手順3】DebugViewで計測を確認する

GA4のDebugViewで「custom_scroll」イベントが発生していることを確認します。

また、そのひとつを選択してパラメーター「percent_custom_scroll」で数値が送信されていることも確認します。

問題なければ、GTM画面より「公開」すればイベント取得自体は完了します。

GA4でスクロール率を計測する方法:GA側の設定

GTMで設定すればイベント自体は計測されますが、

現状のままでは、レポートのディメンションに今回設定したpercent_custom_scrollという項目は出てきません。

そこで、GAのディメンションに項目を追加する設定を行います。

カスタムディメンションの設定

GA設定画面の「カスタム定義」より、カスタムディメンションを作成します。

ディメンション名:percent_custom_scroll
イベントパラメーター:percent_custom_scroll

GA4のレポートでスクロール率を確認する方法

GAの探索レポートでカスタムスクロールイベントを設定する方法を紹介します。

探索レポートでカスタムスクロールを確認方法

【手順1】探索レポートの変数を設定しておく

ディメンション:イベント名、ページタイトル、percent_scrolled
指標:イベント数

【手順2】行と値を設定する

手法:自由形式
行:ページタイトル、percent_scrolled
値:イベント数

上記キャプチャー画像のレポートではcustom_scrollだけを表示させるため、イベント名でフィルタを設定しました。
フィルタ:イベント名 次と完全一致:custom_scroll

さいごに

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

 

実は、GA4でスクロールを計測するには、2つの計測方法があります。
・scrollイベントによる計測
 (scroolは90%スクロールされると発生するイベント)
・カスタムイベントによるスクロール計測
このページでは、カスタムイベントによるスクロール計測を解説しました。

カスタムイベントによるスクロール計測は、任意のスクロール率を計測できる点や、%表示をページ単位で評価できるという点で便利ですよね。
特定のページで起きた問題の発見、各ページの閲覧状況の評価などにご活用ください。

エスファクトリーのGA4関連サービスの紹介

エスファクトリーでは、
・GA4の設計
・GA4の実装
・GA4の検証
をワンストップで提供しています。

30分相談サービス

弊社では30分の相談サービスを行っています。
ご質問やご相談などざっくばらんにお答えしていますので、お気軽にご利用ください(^-^)

GA4講座

弊社代表の井水大輔が講師を務めます。

GA4講座(2024年版)


この記事をシェアする

お客様をもっと笑顔にしませんか?

即日~翌営業日にお返事

サイトやコンテンツの制作・改善・解析に関するお問い合わせ、
執筆や講演に関するご依頼はお問合せフォームをご利用ください。

お問い合わせ

Download

会社案内・ホワイトペーパー

保存・印刷・閲覧などに利用しやすいPDF形式の
資料をダウンロードしてご利用ください。

ダウンロード