ブログ

Blog

2020年11月2日アツギ社を発端にタイツ業界で起きた4社のTwitter炎上事例

公開日:2020.12.07  /  最終更新日:2021.06.29

この記事をシェアする

11月2日の炎上で起きた4社の事例

 

この記事は2020年11月2日タイツの日にアツギ社のTwitterを発端にして起きた炎上について、インターネット上の情報に基づき考察したものです。

 

タイツの日とは・・・

2009年より11月2日がタイツの日と制定された。制定したのは、ストッキング・タイツ、靴下などの生産・販売を行う株式会社エムアンドエムソックス(大阪府大阪市)。

タイツの普及に取り組む日ということで、タイツ業界各社がキャンペーンを打っていました。

 

バズを狙いすぎたアツギ社

アツギ社がTwitterで炎上した経緯

    1. 2020年11月2日、アツギ社が露出度の高いイラスト数十点をTwitterに公開。#ラブタイツ のハッシュタグで拡散。

アツギ社のツイート画像

  1. 当初はイラストレーターや同業者がのり、温かい雰囲気
  2. 一部のフェミニストを中心に性的搾取として炎上
  3. Yahoo!ニュースはじめ、各ニュースメディアに掲載
  4. 11月3日、アツギ社が公式ホームページで謝罪

アツギ社が受けた影響

・ニュースの拡散はTVにもおよび、多くの日本国民が知るニュースとなり、炎上としてアツギが知れ渡る結果となりました。
・アツギ社の株価に直接的な影響はなし。
・同社のツイートは停止(2021年3月19日現在)

 

飛び火してしまった2社

アツギ社のキャンペーンツイートに対して、イラスト業界を中心に温かい雰囲気で始まった頃、同業者が肯定的なツイートをしていました。その時に肯定的な反応をしてしまっただけで、炎上が飛び火してしまった会社があったので紹介します。

飛び火の経緯

    1. 11月2日アツギ社による問題のツイート。当初は好意的な反応が優勢。
    2. 同日、福助【公式】が好反応ツイート(のちに削除)。

福助

    1. 福助社やGUNZE社の不適切なPRや就職活動がTwitterユーザーによって暴露されました。

飛び火事例

飛び火事例

 

  1. 11月3日(祝日)、福助社が不適切な反応として謝罪。(アツギ社による謝罪のタイミングよりも早い)

飛び火の影響

福助社は非上場。GUNZE社の株価も影響はなし。一部のユーザーが不買ツイートをしていたにとどまりました。

飛び火事例の教訓

炎上するような極端なツイートはしなかったにもかかわらず、安易な反応をしてしまった福助社および、反応さえしていないGUNZEに飛び火しました。だからこそ下記を考えておきたいものです。

 

  • 炎上時の責任者は誰なのか。
  • 炎上時の責任者はいち早く対応すること。

 

反応しなかったTabio社への影響

一方、Tabio社は、アツギ社のラブタイツキャンペーンに反応せず、11月2日の夕方以下のツイート。

Tabio社

このツイートでは「嫁」という言葉が不適切だということで、一部のフェミニストから非難する声が上がり、翌日謝罪ツイート。

Tabio社

謝罪ツイートをしているものの、Tabio社に対しては擁護するツイートが多勢を占めています。傷が浅く、謝罪も早かったので好印象を得た例だと言えます。

 

最後に

今回のアツギ社の運用担当者は女性とのことで、別の投稿ではタイツの光沢感をイラストで表現する難しさに理解を示しています。もしかしたら、タイツの良さをイラストで伝えたいという純粋な想いがあったのかもしれません。

 

今回の炎上で学ぶことは3つ

  • 炎上を感知したら、早急に炎上時の責任者に報告。
  • 炎上時の責任者は、炎上が広がるスピードを考え、いち早く対応。
  • たとえ、ささいなツイートでも、批判的な意見はあり得ます。大事なのは、炎上した後の対応をいつどのようにするかということ。
TOMO
Tomoko
もし、炎上時の責任者が決まっていない会社は、すぐに決める(もしくは外部コンサルに相談しておく)のが賢明ですね。

炎上事例を知っておく、考えておくのが、炎上予防の近道です。

炎上共有レポート(PDF)をご希望の方は、お問合せフォームより、ご連絡ください。

 

最新のセミナー情報はこちら>>
SNSマネージャー認定講座ほか


この記事をシェアする

お客様をもっと笑顔にしませんか?

即日~翌営業日にお返事

サイトやコンテンツの制作・改善・解析に関するお問い合わせ、
執筆や講演に関するご依頼はお問合せフォームをご利用ください。

お問い合わせ

Download

会社案内・ホワイトペーパー

保存・印刷・閲覧などに利用しやすいPDF形式の
資料をダウンロードしてご利用ください。

ダウンロード